ドイツと大谷君が凄い!

ドイツと大谷君が凄い!

ワールドカップの準決勝でブラジルVSドイツの試合が行われました。
そしてドイツが7点をとってブラジルを下すという歴史的な試合になりました。

 

前半の23分からドイツの怒涛の攻撃で6分の間に4点を奪うという試合展開に。
これにはサポーターたちも怒りや悲しみの表情をしていましたね。
ベロオリゾンテの屈辱という名前もついたそうです。
ここまで凄い試合になるとはという感じでした。
やはりチームの中心的存在を二人も欠くとかなり厳しくなるんですね。
ネイマール選手に頼りすぎたというような意見を出している方もいました。

 

でも素直にドイツの強さは凄かったです。
ブラジルが混乱している隙を見逃さずに怒涛の攻撃を仕掛けてゴールネットを揺らしていきました。
クローゼ選手も1ゴール決めてワールドカップの通算で単独の得点王になりました。

 

今日のオランダVSアルゼンチンの試合もとても楽しみですね。
そして決勝もすごく楽しみになってきました。

 

 

さらに凄いのが日ハムの大谷君。
なんと16奪三振で9回を1失点の完投勝利。
2年目の選手でさらに二刀流の選手とは思えない成績です。
本当に怪我などしないようにこれからどんどん成長していってもらいたいですね。