CSが終わった

CSが終わった

パリーグのCSのファイナルステージは最終戦までもつれ込んでソフトバンクが日ハムを下し日本シリーズ突破を決めました!
最終戦の大隣投手の力投は本当に見ているこっちまでしびれました!
難病を乗り越えてここまで投げてくれるとは!

 

そして日ハムが敗退したことによって稲葉選手と金子選手が現役最後の試合となりました。
金子選手はベンチ入りはしていませんでしたが、チームに帯同して鼓舞していたようです。
最後に日ハムナインが観客席に挨拶に言った後に、ソフトバンクの選手が稲葉選手と金子選手を胴上げしてくれたことがとてもうれしかったです。
二人とも野球界で素晴らしい功績を残した選手で、他の選手やファンの方々にとても慕われた2人なので素晴らしい光景でした。
スポーツって素晴らしいなって思わせてくれるひと幕でした。
本当にソフトバンクと日ハムのファイナルステージ、また日ハムとオリックスのファーストステージは最高の試合を見せてくれました!
選手の皆さん、そして稲葉選手、金子選手本当にお疲れ様!そしてありがとう!

 

日本シリーズはソフトバンク対阪神というカードになりました。
こちらでもいい試合をしてくれることを期待してます。